G502 LIGHTSPEED発売直前レビュー!

新たに発売されるG502 LIGHTSPEED

5月30日よりLogicool/Logitechから新型ワイヤレスマウス、G502 LIGHTSPEEDが発売される。参考価格は 18,380円(税抜)となっている。

前作のG502 HEROをベースとし、ワイヤレス化したものが今回のG502 LIGHTSPEEDだ。スイッチ配置や形状は変更なしで根強い人気を誇るG502シリーズの最新モデルとなっている。

通常、ワイヤレス化をするに伴い、レシーバーとバッテリーを搭載することで重量がかさむのが普通だが、細部の軽量化により重量はG502 HEROよりも軽い114gを実現した。もちろん、今までのG502シリーズ同様錘による重量の調節も可能だ。

マウスホイールは肉抜きされており、軽量化されていることがうかがえる

マウスホイールは肉抜きされているが、ホイール操作の硬さは前作と変わらず、違和感を感じることはない。また、本モデルではマウスホイール表面にゴムが貼ってあり、操作感アップに貢献している。

LogicoolのLIGHTSPEED技術により、ワイヤレス化によるマウス移動の遅延を1msまで削減することに成功している。これによりゲーム中でもマウスの遅延を感じずにプレイすることができる。

前作では、マウスセンサにHERO16Kセンサを導入し、100-16000DPIという幅でマウス感度を調整することができるようになった。本モデルでもHERO16Kセンサを導入することにより高精度のマウス操作が可能となっている。

ケーブルを繋げたG502 LIGHTSPEED

G502 LIGHTSPEEDに付属のUSBケーブルを接続すると外見ではG502 HEROと見分けがつかなくなる。
G502 LIGHTSPEEDはマウス先端にあるmicroUSBポートにケーブルを接続することで充電、給電することができる。近頃はUSB type-Cが主流になりつつあるが、本モデルではmicroUSBを採用している。
バッテリー100%状態で連続使用可能時間は48時間となっているが、ワイヤレス充電の「POWER PLAY」に対応しているため、充電量を気にしないでゲームをプレイすることも可能だ。ちなみにLogicoolのPOWER PLAYと無接点充電規格のqiは互換性がないので注意が必要だ。

実際にさわってみた

さて、ここまでG502 LIGHTSPEEDの仕様について語ってきたが、ここからは使用感について説明しよう。
実際にマウスを握ってみた感覚としては、今までのG502シリーズと差はない。強いて言えば先述したマウスホイールの表面がゴム処理されたことにより、手触りが若干変わった。ワイヤレス化したことに伴い、ケーブルによる制約やマウスバンジーの必要性がなくなったため、マウスの取り回しが非常に楽になった。

G502 HEROが発売されてまだあまり時間がたってないにも関わらず、新モデルが発売されたのはLogicoolの自信の表れでもあろう。特にFortniteプレイヤーからの人気が高いG502シリーズだが、G502、 G502 RGBを使用しているユーザーには非常にオススメな商品である(もちろんG502 HEROユーザーにもオススメできる)。
5月30日に発売だが非常に待ち遠しい商品である。

プレゼント企画!

4Chunks立ち上げ記念プレゼントとして「G502HERO」を1名様にプレゼント!もちろん新品未開封品だ(下のマウスパッドは付属しない)。

応募方法としては、
4Chunks公式ツイッターをフォロー
・4Chunks公式ツイッターの該当ツイートをリツイート
・該当ツイートに一言感想をリプライ
以上が応募条件となる。鍵アカウントは対象外となる可能性があるので注意。

応募期限:6月16日(日)
当選者にはツイッターのDMにメッセージを送るので解放しておいてほしい。

※当選にあたり知り得た個人情報は厳重に管理し、プレゼントの発送以外の目的では使用いたしません。また、プレゼント発送が完了した後、安全に破棄いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA