AMD Ryzen 9 3950Xを発表、16コアで最大4.7GHz

AMDは日本時間6月11日、E3 2019に合わせて開催された「AMD Next Horizon Gaming」にて世界初のメインストリーム16コアCPU「Ryzen 9 3950X」を発表した。
16コア32スレッド 定格3.5GHz/最大4.7GHzで動作する。TDPは105Wで付属クーラーはWraith Prismの模様。トータルキャッシュは72MBと、エンスージアストも驚く容量を搭載している。MSRPは740米ドル。

プロセッサ コア/スレッド 定格/ターボ TDP 付属クーラー 価格
Ryzen 9 3950X 16 / 32 3.5 / 4.7GHz 105W Wraith Prism $749
Ryzen 9 3900X 12 / 24 3.8 / 4.6GHz 105W Wraith Prism $499
Ryzen 7 3800X 8 / 16 3.9 / 4.5GHz 105W Wraith Prism $399
Ryzen 7 3700X 8 / 16 3.6 / 4.4GHz 65W Wraith Prism $329
Ryzen 5 3600X 6 / 12 3.8 / 4.4GHz 95W Wraith Spire $249
Ryzen 5 3600 6 / 12 3.6 / 4.2GHz 65W Wraith Stealth $199

同じく16コアのIntel Core i9 9960Xは19万円以上、Core i9 9940Xでも17万円ほどする。Ryzen 9 3900Xと比較すると割高感があるが、競合より圧倒的に低価格なのは変わらない。
発売は少し遅れて9月になる予定だ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA