VLCで市販のBDが再生できない⁉AACS保護されたBDを見る方法

はじめに、今回この方法を行い何らかの理由により再生できなくなった、BDドライブが壊れたとしてもそれは全て自己責任となるのでそれを承知の上で行ってほしい。

前回筆者はBDドライブを購入し早速手元にあるBDを再生しようと試みた。
しかし、VLC側から「AACSの複合ライブラリが必要ですが、あなたのシステムにはインストールされていません」と表示され再生することが出来なかった。

そもそもAACSとは?

Advanced Access Content System(アドバンスド アクセス コンテンツ システム、AACS)とは前回の記事最後に少し説明したがBDに使用されている暗号化技術(コピープロテクト規格)のことで市販のBDやレンタルBD、地上波、BS、CSで録画した番組をBDにダビングしたもの等が制限の対象となる。
詳しくはWikipediaを参照してほしい。 (https://ja.wikipedia.org/wiki/Advanced_Access_Content_System)

それって解除したら違法になるのでは?

AACSの解除は私的視聴目的のみであれば解除しても違法にはならない。しかし、これを私的複製目的で解除すると違法となる。
つまり解除したBDのデータを取り出して別の場所へコピー、保存するのはアウトだということだ。

さて、AACSが大体何なのかを理解していただいたと思うので、解除方法を説明していこう。
もう一度言うがこれから行う行為は全て自己責任だということを理解した上で行っていただきたい。

前提でWindows10環境でVLCがインストール済みとして進めていく。
その他のWindowsOSやMacOSの方への方法は今回省略させていただく。
まず https://vlc-bluray.whoknowsmy.name/ へアクセスして、使用しているブラウザによってはサイトが保護されてない~と警告が出るが、Google Chromeの場合下の詳細を押せばアクセスできるようになるので気にせず進む。

  1. KEYS DATABASEの下にあるget the file をクリックしダウンロード。
  2. 隠しフォルダであるProgramDataを表示するため エクスプローラーの左上にある表示から隠しファイルにチェックを入れる。
  3. C:\ProgramData\の中にaacsというファイルを新規作成し、そこにダウンロードしたKEYDB.cfgを貼り付ける。
  4. ご自身がインストールしたVLCのbit数に合わせてAACS DYNAMIC LIBRARY下のthat fileをクリックしダウンロード。
  5. ダウンロードしたlibaacs.dllというファイルをVLCがインストールされているフォルダーに貼り付ける。(初回インストール時にフォルダーを変更していない場合 C:\Program Files\VideoLAN\VLC )
  6. 後はVLCを再起動すれば作業終了だ。

これで市販のBDを再生できるようになったのだが KEYS DATABASEAACS DYNAMIC LIBRARYの最終更新が2018年3/25で止まっているためそれ以降に発売されたBDは再生できない可能性がある。有志が制作しているので更新には時間がかかると思うため、その場合は別で有料のコピープロテクト解除ソフトの使用を推奨する。

なおAACSキーは 15ヶ月~18ヶ月に一度の間隔で更新が行われるものなので今回紹介したバージョンのキーは今後使えなくなる可能性があるため注意が必要となる。

前回の記事はこちら

コメントを残す