2020年11月12日、ついにSonyからPS5が発売された。4K120Hzに対応したHDMI2.1ポートが搭載されておりPS4では体験することの出来な買った高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応することができるようになった。今までのテレビなどでは体験できない非常に綺麗な画質、フレームレートでのゲームプレイのためにおすすめなモニターを紹介する。

モニター選びのポイント

画面サイズ

PC用のモニターには様々なサイズがある。ほとんどのモニターがテレビよりも小さい。PCのモニターは一人で見ることを前提としているので24インチや27インチが主流となっている。PS5を複数人でプレイするには24インチは少し小さいかもしれない。そう言った際には27インチや32インチのものを選ぼう。

パネルの種類

また一般的に発売されているモニターにはTN、VA、IPSがある。どのパネルにもメリット、デメリットがあるので自分に合ったものを選ぶと良い。

TNVAIPS
表示遅延非常に小さい小さい少し遅い
画面の綺麗さやや劣る綺麗非常に綺麗
コスト安価やや高価高価

リフレッシュレート

リフレッシュレートは1秒間にモニターが描画することのできるコマ数のことである。例えば144Hzと書かれたモニターであれば1秒間に144コマの写真を描き変えて映像を表示している。

安く高フレームレートを楽しみたい! Pixio PX247

画面サイズ23.8インチ フルHD
パネルIPS
リフレッシュレート144Hz
Amazon価格¥21,980

とにかく安く綺麗な高リフレッシュレートのモニターを使用したい場合はPixioのモニターがおすすめだ。パネルはIPSパネルを使用しているので視野角も広く発色も綺麗だ。ただし画面サイズは小さく複数人でプレイする際には小さく感じてしまう可能性も高いのであくまで一人でプレイする際のモニターとしてお勧めする。

安価ながら綺麗なIPSパネル!AOC 27G2E5/11

画面サイズ27インチ フルHD
パネルIPS
リフレッシュレート75Hz
Amazon価格¥17,072

AOCのモニターの特徴として安価ながらIPSパネルを採用しており、同価格帯のIPSパネルを使用したモニターよりも色の再現度が高い。ただしこのモニターのリフレッシュレートは75Hzと周りよりも低めなのでFPSゲームにはあまり向かない。RPG系のゲームやシミュレーター系のゲームを安く楽しみたい場合はこのモニターがお勧めだ。画面サイズは27インチなので複数人でのプレイでも使いづらいと感じることは少ないだろう。

画質を犠牲にしてもFPSを楽しみたい! BenQ ZOWIE XL2546K

画面サイズ24.5インチ フルHD
パネルTN
リフレッシュレート240Hz
Amazon価格¥58,909

BenQの超高リフレッシュレートモニターであるこのXL2546KはFPSを競技シーンでプレイするゲーマーにお勧めだ。BenQのモニターはGtoG(Gray to Gray:モニターが一番得意とするグレーからグレーへの画面遷移への速度)が他社製モニターに比べて早く、表示遅延や画面のにじみが起こりづらい。また画面の色合いは白っぽく影になっている部分でも明るく表示されるので暗い位置にいる敵も視認しやすくなっている。そのためBenQ ZOWIEのモニターは表示の切り替わりが激しいFPSシーンではプロゲーマーの支持も非常に高い。
またこのモニターには左右に取り付けるアイシールドが付属している。視野が画面内に限定されるので重要なシーンでの集中力を高める効果が期待できる。
先に紹介した2つよりも高価だが値段相応の性能を秘めている。

値段に糸目はつけない!全部入りモニター LG 27GN950-B

画面サイズ27インチ 4K
パネルIPS
リフレッシュレート144Hz
Amazon価格¥99,718

お金に糸目はつけないから素晴らしいモニターを!という人にはこのLG 27GN950-Bをお勧めする。画面サイズは27インチでIPS液晶、解像度は4K、リフレッシュレートは144Hzと欲しい性能を全て兼ね備えたモニターだ。唯一の欠点はHDMIは2.0なので4K120Hzの動作は現状できない。そのためWQHD 144Hzでの動作になるがPCと併せて使用するのであれば性能をフルに発揮することができるだろう。

大人数でワイワイ楽しく滑らかなゲームがしたい!Pixio PX329

画面サイズ32インチWQHD
パネルVA
リフレッシュレート165Hz
Amazon価格¥36,980

PixioのPX329は32インチという大画面ながらリフレッシュレートは165Hzと高リフレッシュレートを実現したモニターだ。大人数でPS5のゲームをプレイする際、やはり大画面が欲しいといった場面も出てくるだろう。PX329は36,980円と32インチの165Hzモニターとは思えないほど安くPS5とコントローラーを数個買ったとしてもそこまで負担にならない金額がポイントだ。

まとめ

今回紹介したモニターはあくまでPS5のゲームプレイを目的としており写真や動画の編集といった色味を重視するような用途では選定していない。またPS5は発売されたばかりで画面出力もHDMI2.1ポートを搭載している。現在ではその性能をフルで生かしきれるモニターはどのメーカーからも発売されていないので今後の新製品に期待するばかりだ。
何はともあれ今回のPS5発売によってPC業界、モニター業界共に良い刺激になったことだろう。さらなる素晴らしい製品の発表、発売が楽しみだ。