【X570】第三世代 Ryzenに最適なマザーボードはこれだ!

Ryzen 3000シリーズと共に発売された、各社のX570チップセット搭載マザーボード。PCI-Express 4.0に対応し、従来の「X470」や「X370」とは比較にならないほど高い拡張性を有している。
価格は競合のIntel Z390チップセットよりも高価になっているが、売れ行きは好調なようだ。

第三世代になって初心者にも自信をもってお勧めできるようになったAMD Ryzen。それに対応したX570マザーボードは実に様々な種類があるが、どれを選べばよいか分からないという方もいるだろう。そこで、今回はおすすめのX570マザーボードを価格帯別に紹介していく。
この夏、自作PCを始めてみようと思っている方は是非参考にしてほしい。

4万円~

4万円以上になると、いわゆる「全部入り」のマザーボードがほとんどになる。特に45000円を超えてくると、どのメーカーも強力な電源回路や2.5G LANなどを搭載しており、それこそ見た目やメーカーで選んでしまっても良いくらいだ。
そんなマザーボードの中でもバランスがとれており、万人にお勧めできるものを紹介していく。

ASRock X570 Creator

Thunderbolt 3を2基搭載したクリエイター向けマザーボード

X570チップセットを搭載したATX・E-ATXマザーボードとしては唯一の存在となる、Thunderbolt 3をオンボード実装し、さらにDisplayPort入力にも対応したマザーボード。ほかにも10G LANなど、コンテンツクリエイターやワークステーション向けの機能をしっかりと備えている。
VRMもハイエンドにふさわしく、低発熱・高効率のInfineon「IR3555」60A PowIRstageを採用しており、フェーズ数は12+2となっている。
リアI/OにはPS/2ポート、USB 3.2 Gen1×4、USB 3.2 Gen2×2、Thunderbolt 3 Type-C×2などが存在する。
高機能なマザーボードだが、残念な点もある。それは、USB 2.0がリアI/Oに存在せず、またフロント用USB 2.0ヘッダも1つしかないため、レガシーデバイスや電波干渉を避けたいデバイスを複数個接続する場合は注意しなければならない。
とはいえ、Ryzen環境でThunderboltを拡張カードなしで使用できるATXマザーボードはこれしかない。Thunderboltを使用したいのであればよい選択肢となる。

VRM:VCore / VSoC – IR35201→IR3599→IR3555×(12+2)
DIMM:DDR4-4466(2枚) / DDR4-3733(4枚)
※QVL最大4466MHz、サポート最大4666MHz

おすすめポイント
・IR3555 PowIRstageを採用した低発熱・高性能な電源回路

・Thunderbolt 3を2基オンボードで搭載し、最大40Gbpsの高速転送が可能

・DisplayPort入力に対応

・Aquantia 10Gbit LAN、IntelギガビットLAN、Wi-Fi 6を搭載

・ニチコン製の12000時間耐久のコンデンサを採用。同温度であればより高い耐久性を実現

ここが残念!
・USB 2.0がリアI/Oに存在せず、フロント用ヘッダも1つしか存在しない

・チップセットが高温になる「X570 Taichi」などと同じ冷却構造

・BIOSバージョンによって安定性の変化が非常に激しい(ASRock製AM4マザーボード全般)

MSI PRESTIGE X570 CREATION

https://storage-asset.msi.com//global/picture/gallery/product_7_20190624175934_5d109f0660cd5.png

拡張性重視。たくさんのUSBがほしい人におすすめの一枚

実売60000円のこのマザーボードの特徴はなんといっても「大量に生えた背面USB」だ。Type-Cを含めると、合計14ポートものUSBがリアI/Oに存在する。フロント用のUSBヘッダも豊富で、USB 2.0ヘッダ×2、USB 3.2 Gen1ヘッダ×2、Type-Cヘッダ×1がある。
また、IntelギガビットLANの他にAquantia製の10Gbit LANがオンボード実装されている。
VRMもハイエンドにふさわしく、低発熱・高効率のInfineon「IR3555」60A PowIRstageを採用しており、フェーズ数は12+4となっている。
チップセットファンもこだわっていて、50000時間の耐久性と静音性を併せもつ「ダブルボールベアリング」のものになっている。ファンの位置はマザーボード下部にあり、マルチグラフィックスでもしない限りは干渉しないのも高評価だ。
そして、左と上のVRMヒートシンクを結ぶヒートパイプはチップセットまで伸びており、チップセットの熱をVRMヒートシンクに送り熱分散を図っている。
クリエイターや配信者にお勧めできるマザーボードだ。

VRM:VCore / VSoC – IR35201→IR3599→IR3555×(12+4)
DIMM:DDR4-4800(2枚) / DDR4-4000(4枚)

おすすめポイント
・IR3555 PowIRstageを採用した低発熱・高性能な電源回路

・VRM~チップセットを通るヒートパイプで効率よく冷却できる

・リアI/OのUSBが豊富で、フロント用のUSBヘッダ数も通常より多め

・Aquantia 10Gbit LAN、IntelギガビットLAN、Wi-Fi 6を搭載

・メモリスロットに金属シールドがついており、剛性が増している

・高耐久で静かなダブルボールベアリングファンと干渉のないレイアウトを採用

・PCIeスロットに接続し、中にM.2 SSDを搭載可能なファン・アルミ塊付き拡張カードが付属

ここが残念!
・フォームファクタがE-ATXのためケースを選ぶ

GIGABYTE X570 AORUS MASTER

X570 AORUS MASTER(1.0)

バランス良し!誰でも安心して使えるハイエンドボード

約50000円で購入可能な、X570のハイエンドモデル。目立った欠点がなくバランスがとれており、初心者向きの機能や付属品も多いためおすすめだ。
VRMはInfineon「IR3556」50A PowIRstage(出力以外IR3555と同スペック)を使用した12+2フェーズ。ハイエンドとしてはスタンダードのように見えるが、PWMコントローラには非常に高価なInfineon「XDPE132G5C」を採用している。一般的に用いられるPWMコントローラは6~8フェーズの制御に対応しているが、この「XDPE132G5C」は驚異の16フェーズ対応のコントローラだ。そのためフェーズダブラーなしで12+2フェーズの実装を実現しており、効率や応答速度が向上している。
リアI/OにはUSB 2.0が4ポート、USB 3.2 Gen1が2ポート、USB 3.2 Gen2が4ポート(うち1ポートはType-C)、Realtek 2.5Gbit LAN、IntelギガビットLAN、そしてBIOS Flashback(Q-Flash Plus)ボタン、CMOSクリアボタンが存在する。 フロント用のUSBヘッダも豊富で、USB 2.0ヘッダ×2、USB 3.2 Gen1ヘッダ×2、Type-Cヘッダ×1がある。
オーディオコーデックにはRealtek ALC1220が使われており、ESS SABRE9118 DACを搭載。コンデンサにはニチコンオーディオコンデンサ、WIMA FPK2 フィルムコンデンサを採用しており、オンボードオーディオとしては最高峰の音質を実現している。
マザーボード裏面には放熱性ベースプレートを搭載。もともと低発熱な電源回路をFins-Arrayヒートシンクと裏面のプレートを使って排熱するという、なんともオーバーキルな冷却機構を有している。剛性確保の効果や、ケースに組み込みやすくなるという利点もある。
初心者も玄人自作erも納得のハイエンドマザーボードだ。

VRM:VCore / VSoC – XDPE132G5C→IR3556×(12+2)
DIMM:DDR4-4400(2枚) / DDR4-4000(4枚)

おすすめポイント
・IR3556 PowIRstageを採用した低発熱・高性能な電源回路をFins-Array ヒートシンクで冷却

・X570マザーボードの中では最長の60000時間の耐久性を持つチップセットファンを採用

・背面にバックプレートを搭載し、組みやすさや放熱性、剛性が向上

・メモリ4枚でも高クロックで動作可能

・メモリスロットに金属シールドがついており、剛性が増している

・2.5Gbit LAN、IntelギガビットLAN、Wi-Fi 6を搭載しており、ネットワーク周りが充実

・DualBIOS機能がついており、BIOSを飛ばしても安心

・簡単にフロントパネルコネクタ配線ができる「G Connector」が付属で初心者でも安心

ここが残念!
・特になし

3万~4万円

ASUS ROG STRIX X570-E GAMING

https://www.asus.com/media/global/gallery/wxgv04ay6xcx1zj9_setting_000_1_90_end_500.png

ネットワーク関連が強い!初心者にもおすすめなマザーボード

ASUSは最もシェアの高いマザーボードメーカーで、初心者にも扱いやすいと評判だ。特にそのUEFIの見やすさは素晴らしい。
VRMにはInfineon「IR3555」60A PowIRstage(SoC側にはIR3553 40A PowIRstage)を採用しており、フェーズ数は6+2。しかし、1フェーズあたりに2つのMOSFETを搭載しており、12+4フェーズに匹敵するパワーをもつ。フェーズダブラーを使用していないため効率や応答速度も向上している。
リアI/OにはUSB 3.2 Gen2が8ポート(うち1ポートはType-C)、Realtek 2.5Gbit LAN、IntelギガビットLAN、そしてBIOS Flashbackボタン、CMOSクリアボタンが存在する。 リアI/OにこれだけのUSB 3.2 Gen2ポートがあるのは珍しい。2.5Gbit LAN、Wi-Fi 6、8×USB 3.2 Gen2と、高速通信に特化している。
チップセットファンにはカスタムされた「DELTAスーパーフローファン」が採用されており、 X570マザーボードの中では最長の60000時間の耐久性を持つ 。また、ノートパソコンのファンと同じく「横から空気を取り入れて下に流す」というような設計になっており、グラフィックボードでファンを塞いでしまってもしっかりと冷却してくれる。
残念な点としては、リアI/OにUSB 2.0がない点だ。USB 2.0はノイズが乗りにくく、ヘッドセットを接続するならほしいポートだ。フロントUSBで接続すればいいと言われるとそれまでだが、リアにも1ポートはほしいものだ。
しかし、それを差し引いても全体的に良いマザーボードだ。4万円前後で2.5Gbit LANやWi-Fi 6がのっているマザーボードならこの「ROG STRIX X570-E GAMING」の完成度が最も高い。

VRM:VCore – ASP 1405I(IR35201)→IR3555×12 (2 MOSFETs Per Phase)
VRM:VSoC – ASP 1405I(IR35201)→IR3553×4 (2 MOSFETs Per Phase)
DIMM:DDR4-4400(2枚) / DDR4-3600(4枚)

おすすめポイント
・IR3555 PowIRstageを採用した低発熱・高性能な電源回路

・1フェーズあたり2つのPowIRstageを搭載し、6+2フェーズながら12+4フェーズ相当の出力を実現

・AM4プラットフォームで2.5Gbit LANを搭載した最安のマザーボード

・リアI/Oに8つのUSB 3.2 Gen2ポート

・Wi-Fi 6も搭載、ネットワーク周りに死角なし

・X570マザーボードの中では最長の60000時間の耐久性を持つチップセットファンを採用

・初心者にも分かりやすいUEFIで様々な設定も簡単

ここが残念!
・リアI/OにUSB 2.0がない(ノイズ対策・レガシーデバイス用)

2万~3万円

GIGABYTE X570 AORUS PRO

X570 AORUS PRO(1.0)

基本機能が全部入り!これを選べば困ることはない!

このマザーボードは・・・とにかくすごい。3万円弱とは思えないほど機能がつめ込まれており、完成度が非常に高い。
VCore向けVRMにはInfineon「IR3553」40A PowIRstageが使用されており、フェーズ数は12。40Aと聞くと非力に思えるかもしれないが、実際は全くそんなことはない(Ryzen 9 3950Xも余裕だ)。IR3553は非常に低発熱で、その低発熱なVRMを良く冷えると評判のFins-Array ヒートシンクで冷却するため、2~3.5万円程のX570マザーボードの中ではトップクラスにVRMが冷える。SoC向けVRMはローエンドと同じ構成だが、第三世代RyzenのI/Oダイを動かすには必要十分なので問題はない。コンデンサはAPAQ製の5Kだが、マザーボードの温度が低いため耐久性も抜群だ。
リアI/OにはUSB 2.0が4ポート、USB 3.2 Gen1が3ポート、USB 3.2 Gen2が3ポート(うち1ポートはType-C)、IntelギガビットLANがある。 フロント用のUSBヘッダも豊富で、USB 2.0ヘッダ×2、USB 3.2 Gen1ヘッダ×2、Type-Cヘッダ×1があり、ハイエンドにも劣らない充実具合だ。
メモリスロットには金属シールドが付いており、メモリを差し込む際のマザーボードのたわみがほとんどない。また、メモリまわりの性能は「X570 AORUS MASTER」と同じで、4枚でも4000MHzという高クロックで動作可能。
オーディオコーデックにはRealtek ALC1220が使われており、さらにニチコンオーディオコンデンサとWIMA FKP2 フィルムコンデンサを採用することで、非常に高い音質を実現している。
3万円以下のマザーボードでは唯一NVIDIA SLIに対応しており、DualBIOS機能もある。他社の40000円程度のマザーボードにも劣らないコンポーネントをもつこのマザーボードは、間違いなく「ベストなミドルレンジマザーボード」といえるだろう。

VRM:VCore – IR35201→IR3599→R3553×12
VRM:VSoC – IR35201→IR3598→4C10N(H×2)+4C06N(L×2)×2
DIMM:DDR4-4400(2枚) / DDR4-4000(4枚)

おすすめポイント
・IR3553 PowIRstage採用の電源回路をFins-Array ヒートシンクで冷却し、非常に低いVRM温度を実現

・X570マザーボードの中では最長の60000時間の耐久性を持つチップセットファンを採用

・リアI/OのUSBが価格のわりに豊富で、フロント用のUSBヘッダ数も通常より多め

・メモリ4枚でも高クロックで動作可能

・メモリスロットに金属シールドがついており、剛性が増している

・DualBIOS機能がついており、BIOSを飛ばしても安心

・簡単にフロントパネルコネクタ配線ができる「G Connector」が付属で初心者でも安心

ここが残念!
・特になし

ASUS TUF GAMING X570-PLUS (WI-FI)

https://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/K0001172560.jpg

ASUS公式サイトにリアI/Oの画像がありませんでした。しばらくお待ちください…

1.73GbpsのWi-Fiモジュール搭載。VRMも強いマザーボード

Wi-Fi 6は2.4Gbpsの高速通信に対応した新規格だが、ルーターや回線もそれに対応したものにしなければならず、全体的に導入コストが高くなる。そもそもWi-Fiに1Gbpsを超える速度を求めているユーザーがどのくらいいるのかも疑問だ。
そんな中、このマザーボードは1.73Gbps対応のWi-Fi 5モジュールを搭載し、コストを抑えつつ高速通信を可能にしている。もちろんWi-Fiだけではない。電源回路は上位の「ROG STRIX X570-F GAMING」と同じ構成のためパフォーマンスは高く、また発熱も多くないため扱いやすい。コンデンサは125度/5000時間耐久のものを使用しており、耐久性にも不安なしだ。
また、このグレードにも高耐久の「DELTAスーパーフローファン」が採用されている。
LANはRealtek製。通常使用には全く問題ないが、やはりIntel LANのほうが安定性や信頼性が高いのは事実だ。このマザーボードにはWi-Fiが搭載されているため、Wi-Fiを使う前提ならおすすめだ。
ただし、リアI/OにUSB 2.0がないことには注意が必要だ。

VRM:VCore – ASP 1106GGQW(RT8877C)→SiC639×12 (3 MOSFETs Per Phase)
VRM:VSoC- ASP 1106GGQW(RT8877C)→SiC639×2
DIMM:DDR4-4400(2枚) / DDR4-3600(4枚)

おすすめポイント
・50A DrMOS「SiC639」を1フェーズに3つ搭載し、4+2フェーズながら12+2フェーズ相当の出力を実現

・X570マザーボードの中では最長の60000時間の耐久性を持つチップセットファンを採用

・最大1.73Gbpsに対応する「Intel Wireless AC9260」を搭載

・低価格ながら、125℃の高温度と5000時間の耐久性をもつ「TUF 5K Black Metallic Cap」を採用

・初心者にも分かりやすいUEFIで様々な設定も簡単

ここが残念!
・ギガビットLANがRealtek製

・リアI/OにUSB 2.0がない(ノイズ対策・レガシーデバイス用)

GIGABYTE X570 AORUS ELITE

https://static.gigabyte.com/Product/2/6897/2019070911363712ffba9e2348a0745eed5f451c3b24f6ed_src.png

ポイントをおさえた、ベストなX570エントリーモデル

一つ上位の「X570 AORUS PRO」は間違いなくコスパ最強のX570マザーボードだが、それでも3万円だ。もっと安く組みたい…という場合はこの「X570 AORUS ELITE」をおすすめする。
このマザーボードは20000円(税別)とX570マザーボードの中ではローエンドな価格ながら必要十分な拡張性や電源回路を有する。
VCore向けVRMはVishay「SiC634」50A VRPowerを採用した12フェーズで、ASRock X570 Taichiなどと同じような構成だ。SoC向けフェーズに関してはAORUS PROと同じ構成になっている。
リアI/OのUSBは、Type-Cこそなくなるもののポート数としては上位モデルから削減されていない。フロント用のUSBヘッダも上位モデルと変わらず、万人が満足できる拡張性の高さだ。
基板層数が4に減っており(PROやMASTERは6層)、メモリクロックの公式サポートも4000MHzとなっているが、4枚での最大クロックは3866MHzをサポート。第三世代Ryzenを運用するうえでは3733MHzで安定動作すれば問題ないため、必要十分といえる。
価格を考えると仕方のないことではあるが、ファンコネクタ数が少ない点には注意が必要だ。
もう一つの残念な点として、起動に失敗した際の原因の切り分けに使うLEDや7セグメントディスプレイがないことが挙げられる。このあたりが気になるのであれば、「X570 AORUS PRO」や「TUF GAMING X570-PLUS」にするのも良いかもしれない。

VRM:VCore – ISL69138→ISL6617→SiC634×12
VRM:VSoC – ISL69138→ISL6617→ISL6625A→4C10N(H×2)+4C6N(L×2)×2
DIMM:DDR4-4000(2枚) / DDR4-3866(4枚)

おすすめポイント
・50A DrMOS「SiC634」を採用した低発熱な12(+2)フェーズの電源回路

・X570マザーボードの中では最長の60000時間の耐久性を持つチップセットファンを採用

・メモリ4枚でも価格のわりに高クロックで動作可能

・リアI/OのUSBが価格のわりに豊富で、フロント用のUSBヘッダ数も通常より多め

・簡単にフロントパネルコネクタ配線ができる「G Connector」が付属で初心者でも安心

ここが残念!
・ファンコネクタ数が少ない

・起動に失敗した際の原因の切り分けに使うLEDや7セグメントディスプレイがない

~2万円

ASUS PRIME X570-P/CSM

この価格でDrMOSを採用。バランス良しの一般向けモデル

現在、19000円前後で購入可能なマザーボード。黒と白、銀色でかためられており、ゲーマー向けではなく一般向けの見た目をしている。唯一チップセットヒートシンクの上部の一部が光るようになっているが、それ以外に光る箇所はなく、どこでも使いやすいデザインだ。
そして驚くべきは、なんとこの価格でSiC639 50A DrMOSを使用していることだ。このSiC639はASRock X570 Steel Legendなどに採用されているものよりも高性能だ。DrMOSは8+4個実装され、4+2フェーズで駆動する。 1フェーズにつき2つのMOSFETが搭載されており、 8+2フェーズに匹敵するパワーをもつ。フェーズダブラーを使用していないため効率や応答速度も向上している。
ストレージインターフェースはM.2×2、SATA×6と標準的な構成。
リアI/OにはPS/2ポート、USB 2.0×2、USB 3.2 Gen1×2、USB 3.2 Gen2×4、HDMI、Realtek ギガビットLAN、各種オーディオジャックが実装されている。USB Type-Cこそないものの、この価格でUSB 3.2 Gen2が合計4ポートあるのは非常に好感が持てる。また、USB 2.0が実装されている点も高評価だ。ゲーマー向けモデルではUSB 2.0がついていないことがほとんどだが、このマザーボードは業務用PCにも使用される可能性が高いから、という判断なのだろうか。
ただし、1点だけ注意がある。先ほどリアI/OにはUSB Type-Cがないと書いたが、GIGABYTE X570 AORUS ELITEと違い、このマザーボードにはUSB Type-Cのフロント用ヘッダも存在しない。そのため、USB Type-Cを使用するのであればこれより上位のモデルを検討するか、USB 3.2 Gen1ヘッダからの変換を考える必要がある。

VRM:VCore – ASP 1106GGQW(RT8877C)→SiC639×8 (2 DrMOS Per Phase)
VRM:VSoC- ASP 1106GGQW(RT8877C)→SiC639×4 (2 DrMOS Per Phase)
DIMM:DDR4-4400(2枚) / DDR4-3600(4枚)

おすすめポイント
・50A DrMOS「SiC639」を1フェーズに2つ搭載し、同価格帯で最高の電源回路を実現

・X570マザーボードの中では最長の60000時間の耐久性を持つチップセットファンを採用

スタンダードで扱いやすい構成の拡張スロットやストレージインターフェース

・初心者にも分かりやすいUEFIで様々な設定も簡単

ここが残念!
・ギガビットLANがRealtek製

・USB Type-Cが存在せず、フロント用ヘッダもない

・起動に失敗した際の原因の切り分けに使うLEDや7セグメントディスプレイがない

Mini-ITXマザーボード

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI

X570 I AORUS PRO WIFI(1.0)

ハイエンド顔負けのコンポーネントを採用した小型マザーボード

7月7日の発売に間に合った唯一のX570 Mini-ITXマザーボードがこの「X570 I AORUS PRO WIFI」だ。
VCore VRMには同社のウルトラハイエンドマザーボード「X570 AORUS XTREME」やMSIのウルトラハイエンド「MEG X570 GODLIKE」などに使用されているものと同じInfineon「TDA21472」70A Smart Power Stageを採用している。SoC向けにはInfineon「IR3553」40A PowIRstageを採用しており、6+2フェーズとなっている。超高品質パーツを採用することで16コアも安全に動かすことができ、フェーズダブラーを使用しないことで応答性や安定性を向上させている。
メモリスロットには金属シールドがあり、ATX 24pinの位置やSATAポートの向きなどを含め全体的に「小型ケース内でも組みやすくなる工夫」がなされている。
2スロットあるM.2のうち表側のスロットはチップセットファンを使ってチップセットと同時に冷やす構造になっており、銅製ヒートシンクが特徴的な同社の「AORUS NVMe Gen4 SSD」もそのまま使えるように考えられている。
映像出力端子はHDMI 2.0(HDCP 2.2対応)が2ポート、DisplayPort 1.2が1ポートの合計3ポートで、4K60HzやFHD144Hzの3画面出力に対応している。
残念な点としてはなんといってもUSBの少なさだ。リアI/Oには合計6ポート(うち1ポートはType-C)のみとなる。フロント用にはUSB 3.2 Gen1ヘッダ×1とUSB 2.0ヘッダ×1が用意されている。
現在販売されているバランスのとれたX570 Mini-ITXボードとしては唯一の存在のため、Mini-ITXでPCIe Gen4をいち早く使いたいのであればよい選択肢となる。

VRM:VCore – IR35201→TDA21472×6 / VSoC – IR35201→IR3553×2
DIMM:DDR4-4400(2枚)

おすすめポイント
・X570 AORUS XTREMEにも使用されている「TDA21472」70A SPSを採用した高出力な電源回路

・X570マザーボードの中では最長の60000時間の耐久性を持つチップセットファンを採用

・メモリスロットに金属シールドがついており、剛性が増している

・HDMI 2.0(HDCP 2.2)×2とDisplayPort 1.2×1を搭載。4K60Hzの3画面出力に対応

・小型ケース内でも配線しやすいように各コネクタが配置されている

・表面のM.2には自社の「AORUS NVMe Gen4 SSD」がそのまま入り、チップセット用のファンで同時冷却

ここが残念!
・リアI/O、フロント用共にUSBポート/ヘッダ数が少ない

・チップセット&M.2ファンが小型で音が大きめ

MSI MEG X570 UNIFY、MSI MPG X570 GAMING PLUSも紹介予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA